アフィたま

アフィリエイトで玉の輿にのりたい!・・けどそんな人いないから自力で月100万稼ぐためのサイト

未分類

アフィリエイトの案件とジャンル選びで絶対に外してはいけないこと

更新日:


「自分のサイトはアクセスがない」もしくは
「アクセスあるのに成約(CV)しない、稼げない」

というケースは多いです。原因はサイト設計が下手、キーワード選定ミスってる、アドセンス脳(ブロガー式)でアフィリエイトサイト作ってるなど原因は様々です。

が、その中でもアフィリエイト初心者に多いのが「ジャンル・案件選びでミスってる」人です。

ってかアフィリエイトサイト作る1番始めのステップがジャンル・案件選びでキモなのに、実は1番難しいという罠。

自分は月収50万超えるのに1年半かかり苦労しました。その原因の1つが「ジャンル・案件選びの時点で失敗してた」ことです。

結論から言うとどのジャンルでも継続し続けて改善できれば稼げます。でも稼ぎやすいジャンル・案件、稼ぎにくいがあるので今回その点を説明します。

そもそも稼げるアフィリエイターと稼げないアフィリエイターの「稼ぎやすい」は違う

「稼げるジャンル・案件」

これは人によって全然違います。例えば「脱毛」ジャンルは一般的に「稼げるジャンル」と言われます。しかし実際は

  • 正しいSEO、リンク戦略、コンテンツの質を確保しアクセスを集めることができる(アクセス戦略)
  • アクセスを集めた上で「何10個もアフィリエイトサイトを見たユーザ」が満足し成約する記事を用意できる(CV戦略)

この2つができることが前提です。試しにgoogleで「脱毛」って検索してみてください。100ページ目まで脱毛サイトがあり、その先にも脱毛サイトがありますよね。

100ページ目の脱毛サイトのレベルを見ると、デザインもそこそこ。コンテンツも詳しく書いてある。でもこの順位。というサイトです。

でも何も知らない初心者アフィリエイターは「脱毛」案件は稼げる、と思います。なぜなら多くのアフィリエイトサイトやASPの担当がそう言うからです。

月収100万以上稼ぐアフィリエイターと月10万も稼げない経験がアフィリエイターは同じ戦い方ができません。

  • 記事の外注化で月100記事以上アップする
  • 自演リンク用に100個バックリンク購入する、サテライトサイトを用意する
  • 外部メディアにお金をぶっこみ露出用(リンク用)記事の作成を依頼する

極端に書きましたがぶっちゃけこんな化物どもと戦ったらそりゃ自分のサイトなんて上がらないです。自分のサイトの出来が悪いのでなく、相手が強すぎます。

だからこそ自分が戦えるジャンル・案件選びが重要なのです。これは月収100万以上稼ぐアフィリエイターでも初心者アフィリエイターでも同じです。

ジャンル選び

ジャンル選びと案件選びは共通点があります。例えば成約率(CV率)、単価はジャンル選びの時点でも意識する必要があります。

自分が体験できるか(たとえ外注さんに依頼するとしても)

最近「体験レビュー系のサイトは増えすぎて差別化できない」と言われることがあります。確かに多いですがそれでも可能な限り自分が体験できるジャンルを選んだほうがいいです。

なぜなら「出来た記事の熱量、質」に差が出るからです。自分も10ジャンル近くサイトを作りましたが稼げてるサイトは例外なく「自分でも使ったジャンル」でした。

逆に自分が使ってないジャンルはそもそも月のアクセスが100もないです。当然成約しない。

「アクセスないのは自分が使ってないから薄い記事で当たり前じゃん。だからgoogleの評価低くてアクセスないんでしょ?」って思うかもしれません。でも月1万も稼いでないサイトの記事はランサーズやクラウドワークスで経験者から体験談記事を書いてもらってます。

外注さんはアフィリエイトのプロではないので執筆記事は成約する記事から外れることが多いです。

  • あの、この、そのなど指示語が多い
  • ユーザが知りたい、解決したい悩みに対する答えがない
  • 小学生の読書感想文レベルの記事が納品される

外注さんにユーザが求める答えを書いてもらうには「具体的な悩みと書いて欲しいことを指示する」ことが必要です。が、自分が経験してないジャンルってユーザが何に悩み、何を答えとして求めてるのか、具体的に理解するのは難しい。

なのでリサーチが必要になります。yahoo知恵袋とかランサーズでアンケートとればいいじゃん!って思うでしょう。実際自分もそう思って知恵袋やアンケートとってユーザの悩みを知りテーマ・見出し指定して発注しました。

でもどうしても「熱量」が足りないんですよね。とにかく薄い、それっぽいこと言ってるだけ。

当然カルピスの原液を100倍に薄めたような記事は順位が上がらず、結果月100アクセスもないサイトができてしまいました。(2サイトもこれやった)

稼いでるアフィリエイターは記事執筆を外注化してるケースが多いです。そして上位表示してるサイトの外注記事は「対象ジャンルに超詳しい」、「口コミ、評判、体験談集めるお手の物」なので自分が経験してないジャンルだとオリジナリティを出すのが難しいです。

で、上位サイトの下位互換記事ができて当然順位取れない→アクセス死亡ってなるわけですね。

自分で経験があるジャンルってネットの情報収集では得られないキーワードを得られます。特にgoogleサジェストと競合しなければアクセスは取りやすくなります。

自分が継続できるジャンルか

よく稼げるジャンルに「脱毛」や「クレジットカード」、「ウォーターサーバー」が上げられますが、初心者がいきなりここやると全く成約件数とれず挫折する可能性が高いです。

ライバルが強いのも原因の1つなのですがそれ以上に「自分が興味ないジャンルは苦行」ということがあります。

自分の興味ないジャンルの記事を書くのは非常につらいです。これは約2年アフィリエイトを継続して痛感したことです。

自分は「稼げる」と言われてホットヨガや転職ジャンルのサイトを作りました。が、正直全く興味無いしで30記事ほど書いただけで飽きが来ました。

なので「こんな時こそ外注化だ!」と思って外注化したのですが、記事構成を考えるのも苦行、上がって来た記事をチェックしてアップするのも苦行ととにかく辛い。

自演リンク、いわゆるブラックと呼ばれる手法を使わなければアフィリエイトサイトの最初の成約はホントに早くても3ヶ月、大体6ヶ月以上運営する必要があります。

ハッキリ言って2年アフィリエイトやった自分でも辛いのに初心者が興味ないジャンルやって継続できる?って話です。

アフィリエイトを始めるのにブログがおすすめされることがありますが、それはGoogleアドセンスやAmazonアソシエイトなどクリック成果系で初心者でも報酬が得やすいだけでなく、自分の興味あるジャンルで書いてるから継続しやすいという理由があります。

  • 自分の本業や過去経験したジャンル
  • 興味があってこれから取り組めそうなジャンル

を選ぶことが大切です。アフィリエイトのために興味ないジャンルだろうと半年100記事以上アップし続けられる人なら別に興味あるジャンルにこだわる必要はありません。

1年中発生するジャンルである

みなさんはおせちを正月以外に食べたことがありますか?多分ないですよね。

アフィリエイト案件におせちがありますが、正月前の11月、12月爆発的に成約します。が、それ以外はほぼ発生しません。当然ですね。

なので可能な限り年中いつでも発生する案件を選んだほうがいいです。個人的な考えですが「せっかく作ったアフィリエイトサイトなのに発生しない時期があるのが嫌」なんですよね。

どーせ作ったなら通年発生するほうがいいじゃないですか。とは言えゴールデンウィーク、お盆、正月明けの婚活ジャンル。8月前の脱毛ジャンル、3月前の引っ越し一括見積ジャンルといったように通年発生するけど繁盛期があるタイプは全然オッケーだと思います。

流行り廃りがないジャンル(10年後も売れるジャンル)

自分はアフィリエイトを継続して安定して収入を得たいと考えてます。なので1度作ったアフィリエイトサイトは10年後も使えるサイトにします。

となると5年後、10年後にはなくなってるジャンルだと困るわけです。

例えば一時期「水素水」が流行りましたね。アレいろんなメディアがこぞってCMしてましたがASPも例外でなく、水素水案件ゴリ押しASPもありました。

でもウォーターサーバーと違って水素水ってそんなに買う人いる?ってか無くなりそうじゃね?って思ってました。

したら「調査の結果効果がない」とか発表されて今は見る目も無いわけです。

逆に「婚活」とか「転職」ジャンルは30年後も絶対あるジャンルです。結婚できない人は今後も増えるだろうし、出会い欲しがる人は尽きません。生きる以上お金は絶対必要、なので仕事に対する需要もなくなることは無くて、一生涯同じ仕事をする人は少ないわけで転職ジャンルも流行り廃りがないジャンルと言えます。

「短期的(1、2年)で稼ぎきる!」って思うなら逆にトレンドジャンル、新しく出来たジャンルに参入するのも作戦だと思います。

個人的には不労所得的に収入が欲しいのでちょっとのメンテナンスで維持できるよう流行り廃りのないジャンルに参入しています。

対象ジャンルにアフィリエイト案件が複数ある

ASPの案件をチェックすると分かりますが、アフィリエイトで扱えるジャンルには偏りがあります。例えばスポーツならゴルフグッズやアウトドアグッズはありますがフットサル案件とかはないです。

またジャンルによってはアフィリエイト案件が1つしかないこともあります。この場合もし作成したサイトがその案件しか扱ってなければ、広告停止(広告主の撤退)した場合サイトの収入は「0」になります。

なので参入ジャンルはアフィリエイト案件が複数あることが望ましいです。少なくとも3~4以上はあったほうがいいですね。」

例えば「脱毛」ならエタラビが業務停止命令出ましたね。当然アフィリエイト案件停止案内がASPから出ました。

この時エタラビを掲載してたところ脱毛サイトを見たら速攻で別案件に貼り変わってました。脱毛はミュゼ、キレイモ、銀座カラー、アリシアクリニックなど案件が豊富なのでもし1案件なくなっても張り替えれば大体何とかなります。

でも1案件しかなかったら悲惨ですね。自分は理由があってダンススクールジャンルをやっているのですが、このジャンルは大手ASPを全部チェックしましたが1案件しかなかったです。

なのでもしそこの広告主が撤退したらそのサイトは掲載する案件なくなります。そうなったらアドセンスでも貼るつもりです 笑

ちなみに複数案件あるかチェックする際は必ず大手ASPを一通り見たほうがいいです。ASPによってジャンルの得意不得意あるのはもちろん、そもそも参入ジャンルを扱っているASPが1社しかないとかザラにありますので。

ライバル(アフィリエイター)が強すぎるジャンル参入はよく考える

先に説明したとおりいわゆる月100万以上稼げるジャンルはライバルの量・質とも異常に高いです。

  • ジャンルキーワード
  • 商標キーワード
  • メジャーな複合キーワード、悩み系キーワード

ここら辺は確実におさえられています。なので参入するなら

  • 2年以上そのサイトを更新続ける覚悟でやる
  • メインにするキーワードをずらす
  • アフィリエイトの経験を総動員して戦う

どれかが必要になります。自分も転職や結婚相談所のサイトを作りましたが案件のある商標、ジャンルキーワードで検索すると山のようにサイトが出てきます。(そして質が高い)

とは言え微妙に検索意図に答えてないコンテンツも多いので「ユーザのためになる記事」を入れ続ければ勝てる可能性はあります。ただ、自サイトが上位表示するには半年以上はかかると思ってください。

キーワードもサジェストで表示されるものでなく、悩み系キーワードなどライバルが強すぎないものを選ぶことが大事です。

そのために必要なのが「リサーチ」ですね。

案件選び

ジャンルに目処がついたらASPに登録されている案件を見ていきます。以下のようなポイントを見ています。

単価

当然ですが単価は超重要です。目標が月30万とした場合、

  1. 単価100円 * 3000件
  2. 単価3000円 * 100件
  3. 単価10000円 * 30件

単価によって必要な発生件数が違います。単価が上がると成約難易度が上がる・・と思いがちですが必ずしもそうでない案件もあります。

最終的には次に説明するCV率やLPのでき、承認率、成果地点との兼ね合いになりますが単価は「3000円以上」あるのが望ましいです。結局サイト作る手間って高単価だろうが低単価だろうがあまり変わらなく、上位表示できるかもサイト作ってみなきゃわからないんですよね。

なので個人的には3000円以上、少なくとも1000円以上のものだけをやるようにしてます。

成約率(CV率)

成約率(CV率)とはアフィリエイトリンクをクリックした人の何人が飛び先(広告主サイト、ECサイトもLPの場合もある)でサービスに申し込んだかの割合です。

これは経験上なのですが、ある程度購買意欲があるキーワードで自分のサイトを訪れている場合、どのページでも成約率(CV率)は同じになる傾向があります。

もちろん自サイトのアフィリエイトリンク自体のクリック率はページの出来によって大きく差がでます、が、飛んだ後の成約率ってリンク元のページにあまり依存しない気がします。

でこの成約率は高ければ高いほどいいです。自分の場合メイン案件の成約率は20%近くあります。 別の単価高いやつは5%くらいです。

で、この成約率はASPによってはランクが上がると案件一覧から見ることができます。

  • アフィリエイトB→ゴールドランク(単月で確定報酬が3万以上)

他のASPでも見れるのがあるかもしれません。(自分がメインで使ってるのが上記2社なので分からず)

アフィリエイトBの単月3万は結構敷居が低いのでひとまずここでゴールドランクとると成約率が見れて案件選びが楽になります。後述する承認率も見ることができます。(A8もゴールドランクで成約率見れた気がしたけど気のせいだった・・)

承認率(確定率)

アフィリエイトを既に経験してる人はわかると思いますが、ユーザがサービス申し込むと成果が「発生」します。でこれを広告主が承認することを「確定」と呼びアフィリエイターに入るお金は「確定」の方です。

  • いたずらの申込み、2重申し込みなどサービスの購入につながらないケース
  • アフィリエイター側の規約違反(禁止されているワードでリスティングなど)
  • 広告主の予算不足

いろんな理由によって「発生」報酬が否認されます。なのでいくら単価が高くても承認率が10%切ってたらお金にならないし、単価安くても承認率が高ければ高単価案件を上回ることもあります。

一般的に無料申し込み、問い合わせ系などは承認率が高く、申込後来店、契約などハードルが高いものは来店申し込みし成果が発生したけど来店ブッチして「否認」されることも多いです。

  • A8→ゴールドランク(直近3ヶ月の確定報酬の合計が10万以上)
  • アフィリエイトB→ゴールドランク(単月で確定報酬が3万以上)

承認率はASPによっては条件付きで見ることができます。A8とアフィリエイトBはランク上がれば見ることができますね。

承認率見えなくてもその案件やってると「全然承認されない!」とかで承認率が悪いことが分かりますが、やはり事前に高承認率の案件が分かることに越したことはないです。

成果地点

成果地点とはアフィリエイトリンククリック後、どの時点で成果が「発生」するかです。

  • 無料会員登録(一括見積もり申し込みも)
  • 資料請求
  • 無料会員登録後電話確認
  • 有料会員登録
  • 初回購入
  • 定期コース初回申込
  • オンライン予約後の来店
  • 来店後のカウンセリング完了
  • 来店後の契約完了

他にもありますがざっとこんな感じです。基本的に下に行くほど難易度は高いです。

初心者にオススメなのは無料登録、資料請求系ですね。お金を払ったり、申込後来店などユーザのアクションがあるものは心理的な壁が高いですよね。

LPの良さ

先程「成約率(CV率)」について説明しましたがこの成約率を決める大きなポイントがLP(ランディングページ)です。LPとは広告主が成約を決めるために作った特化ページのことです。

  • 他ページへのリンクがない
  • 申し込みページへのリンクを多数配置
  • サイドバーなど不要なものは削除

基本的にちゃんと作ってれば本サイトよりLPの方が成約率は高いです。なので広告主がLPを用意しているか、LPがユーザの購入を刺激するか、申し込みやすいかを見る必要があります。

逆にLPが無く広告主の本サイトに飛ぶ場合もあります。ただ本サイトはいたるところに別ページのリンクがあったり、別商品紹介してたりで狙った商品を制約させるのには不向きなんですよね。

ASPについて

ここまでジャンル、案件選びについて説明しましたが、ASPによって得意不得意のジャンルがあります。

これは別途主要ASPの説明をしたいと思います。

-未分類

Copyright© アフィたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.